状態が良くないインプラントが入ってても大丈夫! 上手く活用し入れ歯で対応した症例!

  • TOP
  • 新着情報
  • 症例
  • 状態が良くないインプラントが入ってても大丈夫! 上手く活用し入れ歯で...

今回は、過去にインプラントをしたご経験がある患者様です。合わなくなってきたので入れ歯で治療を希望されました。ポイントは、今あるインプラントをなんとか上手く活用して入れ歯の安定に使う事と、先を見据えてインプラントがダメになっても入れ歯をやり治さなくて良いように入れ歯を設計する事です。

症例紹介

主訴

過去にインプラントしたが合わなくなってきたので入れ歯にしたい。

 

治療前

インプラントのメインテナンスができてなく、歯が傾いて、かみ合わせもズレておりました。

残りの歯の状態も良くなかったのもあり先を見据えて歯を抜かないといけなくなったとしても、入れ歯を再度作り替えなくていい様に設計、計画しました。

もちろん、自然で噛める様な入れ歯を念頭に治療計画を立てました。

 

まずは、精密検査を。

精密検査を行い、残りの歯やインプラントの状態を確認し、模型上でしっかりシミュレーションを行った後、治療用の仮歯と入れ歯を装着して行きます。問題ないかの確認を行い、患者様とお話しながら修正点など見て行きます。

ここでの患者様や入れ歯専門の歯科技工士さんとのコミュニケーションが大切です。

 

治療後

完成した入れ歯です。自然に歯の色を調整し、歯の傾きやかみ合わせのズレを修正しました。

しっかり噛めて、差し歯に負担がかかりにくい様に、そして、先を見据えてお口の中の状況の変化に対応できる様に設計しました。

そして当院の特徴であるなるべく自然にキレイに

部分の金属のワイヤーをなくして自然に目立たない入れ歯となりました。

 

キーポイント1

インプラントと歯の根っこを入れ歯の安定に使用しております。

左側の治療前の矢印の部分がインプラントです。

右側の治療後の黄色い丸の部分にインプラントを支えにして入れ歯を装着しております。

入れ歯の安定度が向上しますし、状態の良くないインプラントを取らないといけなくなってしまっても

入れ歯をやり治さずに機能し続けれるように設計しております。

 

インプラントオーバーデンチャーについて

 

治療前後比較

インプラントと入れ歯を組み合わせた入れ歯はとても有効です。

ただし、インプラントへ入れ歯のワイヤーなど負担をかけると

インプラントにダメージを与えてしまいます。

インプラントへの力のかけ方や設計が非常に大切です。

また、口元を自然に見せる為シミュレーションを重ねて

患者様とコミュニケーションを図ります。

お口の中の状況は人それぞれです。性格もそれぞれです。

正しい治療法を選択するのも大切ですが、どれを納得して選択するかに重点をおいたカウンセリングが当院の特徴です。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

主訴 過去にインプラントしたが、合わなくなって噛めないので入れ歯にしたい。
治療内容 コーヌスクローネ義歯(入れ歯)
費用 コーヌスクローネ義歯(入れ歯):55万(税別)
期間 10ヶ月〜1年
リスク・副作用 土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。

 

大阪入れ歯専門外来

 

監修者情報

院長 加藤 晴康

院長 加藤 晴康

大阪歯科大学に入学し、歯科医師免許取得。
卒業後は、口腔外科にて研修後、東大阪本多歯科医院にて約10年本多正明先生に師事し、総合診断、補綴を徹底的に学び研究・教育に従事。

2024.06.06 「歯がボロボロで総入れ歯にしたい!!」
2024.02.05 「入れ歯で何食べれるのかな、、、?」と心配の方必見!初めての入れ歯!
2023.11.04 歯医者が怖くて一度も通院したことがない患者様の総入れ歯の症例
2023.04.06 「インプラントができない!インプラントが嫌!」入れ歯をしたい方必見!