インプラントオーバーデンチャー

  • TOP
  • インプラントオーバーデンチャー

implant overdenture

デンタルオフィスハル(大阪入れ歯専門外来)では、部分入れ歯、総入れ歯、見えない入れ歯など、さまざまな種類の入れ歯治療に取り組んでおります。このページでは、インプラントオーバーデンチャーについてご紹介いたします。

インプラントオーバーデンチャーとは?

  • インプラントオーバーデンチャーは、歯ぐきの中に2~4本のインプラントを埋入し、そのインプラントによって固定する入れ歯です。インプラントは通常、取り外すことはできませんが、インプラントオーバーデンチャーは他の入れ歯と同様にご自身で取り外しができます。インプラントによって入れ歯がしっかり固定されるため、従来の入れ歯よりも安定感がよく、しっかり噛めるのが特長です。
  • インプラントオーバーデンチャーインプラントオーバーデンチャー

なお、同様の治療に「オールオン4」という治療法がありますが、こちらはインプラントと人工歯を専用のネジで固定するブリッジタイプとなっており、ご自身で取り外すことはできません。

インプラントを併用した入れ歯は、部分入れ歯や総入れ歯どちらにも使用できます。 インプラントの役割は、入れ歯の安定や、残りの歯に負担がかからない様、歯を守ってくれる事です。また、インプラントに維持が求めれる分、入れ歯の大きさをコンパクトにする事も可能です。インプラントの本数も少なく対応でき、お掃除もしやすい入れ歯とインプラントの両方の良さを兼ね備えた入れ歯です。 将来的に入れ歯でなく、インプラントのみで対応する事も可能です。

部分入れ歯への応用

インプラントオーバーデンチャーは部分入れ歯にも応用することができます。従来の部分入れ歯は噛んだ際の入れ歯の沈み込みにより粘膜に負担がかかりますが、インプラントオーバーデンチャーの部分入れ歯はこの沈み込みを防ぐことができます。症例にもよりますが、部分入れ歯でもよく噛めるようになりたい方は、ぜひご相談ください。

インプラントオーバーデンチャーのメリット、デメリット
メリット
  1. 従来の総入れ歯と比べ、安定感に優れている
  2. 従来の総入れ歯よりもしっかり噛める
  3. 食事や会話がしやすい
  4. 自分で取り外しができる
  5. すべての歯をインプラントで補うよりも、埋入するインプラントの本数が少ない
  6. 残りの歯への負担が少なくなる。
  7. 入れ歯の大きさをコンパクトにしやすい。
デリット
  1. 外科手術をともなう
  2. お口の状態や健康状態により、治療ができない場合がある
  3. これまでと同じように、入れ歯のお手入れが必要

インプラントオーバーデンチャーの症例

部分的にインプラントを併用したコーヌスクローネ義歯の症例

部分的にインプラントを併用したコーヌスクローネ義歯の症例

詳細はこちら>>