奥歯の欠損へのコーヌスクローネ義歯を用いた症例

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)とは?

コーヌスクローネとは、残っている天然歯に金属製の筒を被せ、その上から入れ歯を装着する入れ歯の装置です。
ドイツで開発された特殊な入れ歯で、金属製のバネがない目立ちにくい入れ歯の一種です。

コーヌスクローネ義歯についてはこちら>>

 

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)の原理

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)は、茶筒(ちゃづつ)のような構造になっております。
茶葉を入れる茶筒は、強く振っても蓋は外れないですが、蓋にゆっくりとした力を加えると簡単に外れます。

 

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)は、茶筒(ちゃづつ)のような構造

そのため、茶筒式入れ歯とも言われます。

 

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)の構造

入れ歯の維持装置としてバネ(クラスプ)を使用せず、歯にセメントで装着した「内冠」と入れ歯に組み込まれた「外冠」の2つが精密に装着され、接触による摩擦力を利用した入れ歯です。

 

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)の特徴

 

審美性(見た目)と機能性が高い

金属のバネ(クラスプ)がない

強固に固定される為自分の歯の様に噛める

連鎖的に歯を失わない様歯の延命に有効

歯が駄目になった場合でも修理しながら長期間入れ歯を使用できる

お掃除の時には入れ歯を外してブラシができるので清掃性が良い

非常に精度が高く、熟練した技術が必要

 

コーヌスクローネ義歯には上記のような特徴があります。

 

コーヌスクローネ義歯についてはこちら>>

 

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)の症例紹介

主訴

「奥歯がボロボロで噛めなくなり前歯がグラグラしてきた。」との事で来院されました。

 

治療前

コーヌスクローネ義歯(入れ歯)の治療前の症例写真

歯が傾いて、かみ合わせもズレていた為、入れ歯で自然に、そして噛める様に。という方針で治療を進めていくことにしました。

残りの歯の状態も良くなかったのもあり、先を見据えて、歯を抜かないといけなくなったとしても入れ歯を再度作り替えなくていい様に設計・計画致しました。

今回はコーヌスクローネ義歯(入れ歯)という部分入れ歯を使用した処置になります。

 

治療用入れ歯の装着

治療用入れ歯の装着した症例写真

模型上でしっかりシミュレーションを行った後、治療用の仮歯と入れ歯を装着していきます。

問題ないかの確認を行い、患者様とお話しながら修正点など見て行きます。

ここでの患者様や入れ歯専門の歯科技工士さんとのコミュニケーションが大切です。

 

治療後

コーヌスクローネ義歯を装着した治療後の症例写真

完成した入れ歯です。

自然に歯の色を調整し、歯の傾きやかみ合わせのズレを修正しました。

しっかり噛めて、差し歯に負担がかかりにくい様に、そして、先を見据え「お口の中の状況の変化」に対応できる様に設計しております。

金属のワイヤーをなくして自然な仕上がりになりました。

 

治療前後比較

コーヌスクローネ義歯の治療前後比較の症例写真

当初、残りの歯に負担が大きくかかる為、インプラントと併用した部分入れ歯で進めて行く予定でしたが、どうしてもインプラントが恐いという事で部分入れ歯のみでの計画にしました。

インプラントがないとなると残りの歯に負担が大きくかかってしまいますが、先を見据えて状況の変化に対応できる様に設計するのがポイントです。

お口の中の状況は人それぞれです。性格もそれぞれです。

正しい治療法を選択するのも大切ですが、どれを納得して選択するかに重点をおいたカウンセリングが当院の特徴です。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

主訴 奥歯がボロボロで噛めなくなり前歯がグラグラしてきた。
治療内容 コーヌスクローネ義歯(入れ歯)
費用 コーヌスクローネ義歯(入れ歯):50万(税別)
期間 1年2ヶ月
リスク・副作用 土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は個人差があります)。

コーヌスクローネ義歯についてはこちら>>

コーヌスクローネ義歯のその他の症例

部分的にインプラントを併用したコーヌスクローネ義歯(入れ歯)の症例

 

監修者情報

院長 加藤 晴康

院長 加藤 晴康

大阪歯科大学に入学し、歯科医師免許取得。
卒業後は、口腔外科にて研修後、東大阪本多歯科医院にて約10年本多正明先生に師事し、総合診断、補綴を徹底的に学び研究・教育に従事。

2022.11.21 歯を残して噛めるようにした総入れ歯(入れ歯)とコーヌスクローネ義歯(入れ歯)の症例
2022.08.02 特殊プラスティック義歯による総入れ歯の症例
2022.03.25 噛み合わせを再構築し噛める様にしたコーヌスクローネ義歯の症例
2022.01.25 奥歯がない状態でPAアタッチメント義歯を使用した症例