総入れ歯

  • TOP
  • 総入れ歯

complete

総入れ歯について

大阪で入れ歯治療を専門に行う大阪入れ歯専門外来の「総入れ歯」についてのページです。総入れ歯とは、歯が1本も残っていない、あるいはすべての歯を抜歯する予定の方に適応される入れ歯です。人工歯とピンク色の土台である義歯床(ぎししょう)で構成されています。歯の喪失によって低下した口元の審美性・機能性を回復させる目的で製作します。

当院の総入れ歯について

総入れ歯には、いくつかの種類があります。患者さまのお口の状況や治療に対するご要望などを踏まえた上で、最善といえる総入れ歯をご提案します。

金属床の総入れ歯

金属床の総入れ歯

義歯床にプラスチックではなく、金属を用いた総入れ歯です。チタンやコバルトクロム、ゴールドなどから選択することができます。義歯床を金属にすると、食べ物の熱が伝わりやすくなり、食事の満足度が向上します。
金属は丈夫な材料なので薄く作ることができ、装着時の違和感や異物感も軽減されます。見た目もより自然に仕上げることが可能です。プラスチックより強度が高いため、壊れにくいというメリットも得られます。

特殊プラスチックの総入れ歯

特殊プラスチックの総入れ歯

優れた耐衝撃性を実現した義歯床用レジン「ジーシープロインパクト」を使用した義歯です。

  • 衝撃に強い
  • 応力に強い
  • 靭性があり
  • 乾燥に強い
  • 劣化しにくい
  • 修理しやすい

という特長があります。

インプラントを使用した総入れ歯

インプラントを使用した総入れ歯

総入れ歯に、インプラントを組み合わせた治療法です。顎の骨に2~4本程度のインプラントを埋入し、それを総入れ歯の土台とします。噛んだ時の力を人工歯根が支えることから、歯が残っている時と同じような咬み心地が得られます。
総入れ歯はインプラントでしっかり固定されるので、噛んだ時にズレたり、外れたりすることもありません。また、従来の総入れ歯と比べると装置が小さいため、違和感や異物感が生じにくく、審美性も高くなります。

磁性アタッチメントの総入れ歯

磁性アタッチメントの総入れ歯

むし歯の重症化によって、根っこだけ残った歯を土台とする総入れ歯です。歯の根っこには金属の被せ物を装着し、入れ歯には磁石を設置することで、自然と吸着します。唾液の吸着力に頼っている従来の総入れ歯より、安定性が高くなっています。
天然の歯根が存在するため、硬いものでもしっかり噛むことができます。着脱は患者さまご自身で行うことができ、お手入れも簡単です。

精密な入れ歯をお作りします

磁性アタッチメントの総入れ歯

どんなに見た目が美しくても、使っていて「ズレる・外れる」「上手く噛めない」のであれば、入れ歯としては失格です。入れ歯が担う最も重要な役割は「そしゃく機能の回復」だからです。そこで当院では、入れ歯の適合性を可能な限り高めるために、精密な入れ歯製作に取り組んでおります。特に力を入れているのは治療用義歯でしっかり確認する「噛み合わせ」とその人にあったオーダーメイドな型取り装置(個人トレー)と筋圧形成を行う「精密型取り」です。

筋圧形成とは?

筋圧形成とは、お口の型取りをする際に、口腔周囲の形態だけでなく、筋肉の動きまで記録できる製作法です。お口を「動かした状態」で型取りすることで、噛む・しゃべるといった場面でもズレにくい、外れにくい入れ歯をお作りすることができます。従来の「静止した状態」での型取りでは、あくまで何もしていない時の状態を反映させるだけなので、適合性の高い、精密な入れ歯を作ることがそもそも困難なのです。
また、当院の入れ歯治療では、歯科技工士の立ち合いのもと診療を進めることが多々あります。実際に入れ歯を作る歯科技工士に、患者さまのお口の中の状態を見てもらい、時にはご要望等を直接お伺いすることで、より精度の高い入れ歯製作が可能となります。