噛み合わせを再構築し噛める様にしたコーヌスクローネ義歯の症例

  • TOP
  • 新着情報
  • 症例
  • 噛み合わせを再構築し噛める様にしたコーヌスクローネ義歯の症例

今回は「頬を咬む、固いものを噛むと入れ歯が浮く」という主訴でご来院頂いた患者様に対して「コーヌスクローネ義歯」を使用した入れ歯の症例を紹介します。

コーヌスクローネ義歯について

 

症例紹介

治療前

主訴

頬を咬む、固いものを噛むと入れ歯が浮く

歯周病で歯を失った経緯があり、入れ歯をするにあたって

  • 食事のストレスなく
  • 会話がしやすい
  • 見た目が良い入れ歯

を希望して来院されました。

 

患者さんの想いをヒアリングした後、全体をしっかり確認するために精密検査を行い時間をかけてカウンセリングを行いました。

 

かみ合わせが崩れて歯が歪んでいる状態

治療後

完成した入れ歯です。
舌と頬の動きに合わせる様に、上下共にかみ合わせを整え見た目も自然になりました。
残りの歯をすぐ抜かず少しでも入れ歯の支えになるように活用しております。
より入れ歯が安定し食事がしやすく。そして残りの歯が将来的に余儀なく抜かないといけなくなっても入れ歯をやり治さなくて良い様に設計しております。

 

治療前後比較

 

かみ合わせを構築し噛める様に

患者様が来院された時の第一声は「先生、治療したいと思っても足を運ぶ一歩がなかなか出なかったんですが思いっきて来ました!」
その想いにしっかり耳を傾け、お話合いの後、治療を進めて参りました。

かみ合わせをしっかり再構築し、噛める様に。

見た目が入れ歯と分からない様に自然に仕上げました。先を見据えて状況の変化に対応できる様に設計するのがポイントです。

お口の中の状況は人それぞれです。性格もそれぞれです。
正しい治療法を選択するのも大切ですが、どれを納得して選択するかに重点をおいたカウンセリングが当院の特徴です。
どうぞお気軽にご相談下さい。

 

 

治療内容 コーヌスクローネ義歯
費用 50万(税別)
期間 5ヶ月
リスク・副作用 治療期間がかかります。

 

 

監修者情報

院長 加藤 晴康

院長 加藤 晴康

大阪歯科大学に入学し、歯科医師免許取得。
卒業後は、口腔外科にて研修後、東大阪本多歯科医院にて約10年本多正明先生に師事し、総合診断、補綴を徹底的に学び研究・教育に従事。

2022.12.16 入れ歯ができるまで、歯が「ないのかな、、、?」と心配の方必見!
2022.11.21 歯を残して噛めるようにした総入れ歯(入れ歯)とコーヌスクローネ義歯(入れ歯)の症例
2022.08.02 特殊プラスティック義歯による総入れ歯の症例
2022.01.25 奥歯がない状態でPAアタッチメント義歯を使用した症例